So-net無料ブログ作成
検索選択

12月に読んだ本 [本]

まだ、12月も数日残しているのですが、かうぞう29日朝には帰省してしまうので、ひとまず今日以降に読んだ本は1月分にカウントするとして、ひとまずざーっと書いてしまいたいと思います。


天に堕ちる

天に堕ちる

  • 作者: 唯川 恵
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/09/28
  • メディア: 単行本
先月読んだ「トロワ」で悩む年頃の女性を描くのがうまいなぁーと思った唯川恵さんの短編集。いろんなちょっと病んだいる感じの人が出てきます。
しかし、ふーん、くらいで終わってしまった感じでした。
★☆☆☆☆

フリーター、家を買う。

フリーター、家を買う。

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/08
  • メディア: 単行本
今年1月に『ラブコメ今昔』2月『レインツリーの国』4月『図書館内乱』『図書館危機』5月『図書館革命』『別冊図書館戦争〔1〕』『別冊図書館戦争〔2〕』『三匹のおっさん』11月『植物図鑑』とここまで今年9冊読んでハズレなし、の有川浩さんの新作がやっと回ってきました。
本作品は新卒で入った会社を3ヶ月で辞めたフリーターの僕が主人公。経理のプロだけど酒癖の悪い父と、専業主婦の母、名古屋の病院に嫁に行った姉。とりあえずの生活費をバイトで稼いでれば実家だし、なんとかなるよ、と口うるさい父親や心配性な母親との会話ほほぼ放棄してたへなちょこ主人公25歳の僕。ある日母が重度のうつ病を患っていることに気づき、そこから「とにかく100万貯める、再就職する!」という目標のもと試行錯誤、いやトライアンドエラーだな、彼は行動をしているからを繰り返し、そして自分のやりたいことや、家族のために頑張るということ、いろんなものを見つけて成長していく物語です。
いやぁ、タイトルからしてそうなんですが、有川作品には珍しく?武器も戦いも出てきません(笑)。
まぁ、ある意味社会や家族との戦いというもっと大変なことではありますけど。
有川浩さんの本、書いたように今年だけで10冊、出版されているものは去年、今年でほぼ網羅したのですが、ほんとこの人の描く人物は魅力的。読んでいてついつい感情移入しまくってしまいます。
★★★★★

オンエア 上

オンエア 上

  • 作者: 柳 美里
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/10/19
  • メディア: 単行本

オンエア 下

オンエア 下

  • 作者: 柳 美里
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/10/19
  • メディア: 単行本
柳美里さんって実はあんまり得意でない作家さんなんです。自分の身を削って書いてるような気がして。そんな柳美里だからこそ書けた本格的「女子アナ」小説!といううたい文句に釣られて読んでみたのですが、えーっと、なんか通俗小説?「週刊現代」で連載されてたつうことで、そういうおじさん層の好むような内容というか、え?あの女子アナがあんなこんなエロいことを?!っていう感じ。
女性のあざとさだったり、強さだったり、そういうものも出てますけど、こんなことまでしなきゃいけないの?女子アナって、みたいな感じで私にはどうもイマイチ受付けませんでした。(って一応フィクションなんでしょうけど)
★☆☆☆☆

6TEEN

6TEEN

  • 作者: 石田 衣良
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/10/01
  • メディア: 単行本
石田衣良が直木賞を受賞した『4TEEN』の2年後を描いた作品。
前作で同じ中学の2年生だった4人はそれぞれの家庭環境や学力によって、東大進学率の高い難関私学、エスカレータ式のミッション系のぼっちゃん学校、地元のそこそこの都立高、そして定時制高校と進路は別々なものの、相変わらずつるんでいるわけです。
全部で8話くらい?エピソードがあるのですが、16歳という年齢のせいなのか女子がらみの話が多くて、でもって出てくる女子がどうもイマイチ魅力的じゃないっつうか、まぁアラフォーかうぞうにはイマドキの16歳の男子女子の生態がよくわかってないだけなのかもしれませんが、どうも心に残る話がなかったんですよねー。友情メインの「4TEEN」の方が断然おもしろかった。ただ、IWGP同様、これもシリーズとして書いていかれるのでしょうか?となると、次は「9TEEN」あたりかな?2年後の「8TEEN」だとまだ大学に入ってないから、3年後の4人ってことで次に勝手に期待です(笑)
★★☆☆☆

神去なあなあ日常

神去なあなあ日常

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本
三浦しをんさんの本は文楽の大夫の青年を描いた『仏果を得ず』以来2冊目。
本作は横浜の高校を卒業してフリーターでもやるかなぁーと思ってた平野勇気が担任の策略?により三重県の山奥の「神去村」の林業に送り込まれ、そこでチェーンソーを握らされ、ダニやヒルに襲われながらも、だんだんと林業のおもしろさに目覚めていくという、お仕事系青春グローイングアップ小説です。
いやぁ、神去村の人たちがほんと個性豊かに描かれてまして、林業というどっちかといえば斜陽産業だと思うのですが、それがどっこいほんと魅力的なんですよねー。神去村の世界を覗き見してる気分でほんとおもしろかった!すっきりさっぱりな気分。
これもまたこのまま、そうだなぁ、主人公は市川隼人あたり、中村林業の社長=村の人たちから「おやかたさま」と呼ばれる社長は佐々木蔵之介、普段は女好きでいい加減なヤツなんだけど天才的な山仕事の才能のあるヨキはオダギリジョーあたりで映像化出来そうなくらいキャラも立ってていいんですけど、山中のロケ、高い木に登ったり、花粉が雨のように降りそそぐシーンとか、樹齢ウン百年の樹とかってやっぱ実現不可能かなぁ。
★★★★☆


えーと、今年読んだ本、数えてみたら58冊!月に4.8冊平均、よう頑張ったな、ワシ(笑)
ほぼ100%図書館本、1冊1400円として81,200円!ただでさえチケット貧乏なかうぞうとしては、読みたい本はあるけどここまでお金かけれない、置く場所もない、のでほんと助かってます、つか住民税の半分くらいは取り戻してるかも?(笑)

ちなみに★5つつけてたのは「ラブコメ今昔」「三匹のおっさん」「図書館革命」「別冊図書館戦争(2)」「散歩する侵略者」「植物図鑑」の6冊で、うち5冊は有川浩さん!ってほんと2007年夏に「クジラの彼」を読んだのが有川作品にはまるきっかけだったのですが、今一番好きで新刊を待ち焦がれる作家さんで、人にもススメまくってます。
ほんと、興味を持って頂いたら是非一度手にとってみて下さい!


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 7

えみ

かうぞうさんエライですねー。何がエライって図書館の期限内に読んで
返すっていうことが・・・。私もぅ無理です。何度も延滞させちゃって、
ペナルティ受けました・・・。っつーか、そもそも開いてる時間があわない
し・・・。
っつーことで、本もCDももっぱら買いです。おまけにライブも人並以上(?)
ですしね・・。こないだ今年行ったチケットの金額を電卓たたいたんですが
怖くなって8月あたりのチケットでやめました(オイ)。
by えみ (2009-12-27 21:37) 

もちまき

私も、フリーター、家を買う。
読みましたよー!
いいですよね。有川浩さん。
私も人にススメまくっています。
私は図書ブロガーやっていたときに、
図書館戦争を課題図書で読まされたのがきっかけだったのですが、
図書ブロガー全員、有川さんにははまってしまいました。
来年以降も期待したいです!

そして、私も図書館派ですが、
私の場合、確信犯で延滞しまくりながら、
そして図書館からの督促脅迫電話に耐えながらも、
図書館派を貫いています。

私はたぶん年間100冊は超えていると思いますが、
来年は、120冊くらいはめざしたいです。
かうぞうさんもたぶん100冊はぜんぜんいけますよ!
by もちまき (2009-12-27 22:23) 

かうぞう

>えみさん。
いや、私も結構微妙に延滞してて、よく留守電に督促が入ってます(苦笑)
ペナルティ、結構あるんですねー、幸いうちの区はそういうのがあるのか
まだ受けたことないんで謎なんですけどw
平日は20時までやってるんで結構駆け込み2分前とかに飛びこんでます。

>今年行ったチケットの金額を電卓たたいたんですが
>怖くなって8月あたりのチケットでやめました(オイ)。
いや、すごくわかります!
つうか、えみさんの場合、はっきり言って私なんざ足元にも及ばない
本数こなしてはるから、8月まで計算しただけでもスゴイっす。


by かうぞう (2009-12-28 21:06) 

かうぞう

>もちまきさん。
やはり、もちまきさんもお読みでしたか!(ニヤリ)
有川さん、ほんといいですよねー。
最近いろんなテイストのお話が出てきましたが、どれを読んでも
読後感がいいんですよねー、もやもやとかがなくって。
あぁー、いい本だった、って思えるとこは一番イイ。

私もほぼ同じように計算しながら読んでます。
ひとまずこれはブックポストに返して、こっちはもう少し粘ろうとかw

>私はたぶん年間100冊は超えていると思いますが、
スゴっ、スゴすぎです!
ただでさえ、もちまきさん多趣味でらっしゃるのに、その上100冊って!!
私は結構今年の58冊でもいっぱいいっぱいな感じなのにー。
今、手元に図書館本1冊、友人から借りた本7冊、買った本1冊、
あれ、これで9冊か、いけるのか?いや、やっぱムリ。




by かうぞう (2009-12-28 21:11) 

かうぞう

>たけるさん。 nice!ありがとうございます。
by かうぞう (2009-12-28 22:10) 

うつぼ

沢山読んでますね~。
私は多くて月1冊くらいしか読まなかった。。。(-_-;)
かうぞう姐さんやlucksun姐さんを見習って来年はもちょっと読書したいっす。
by うつぼ (2009-12-30 21:23) 

かうぞう

>うつぼさん。
う〜ん、ある意味活字中毒っすからw
姐さん忙しいですから、あ、移動中の機内とかなら大丈夫かしら?
by かうぞう (2010-01-01 13:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。