So-net無料ブログ作成

2013年6月に読んだ本 [本]

やっとこさ、6月までたどりつきました。
本は図書館で借りているのですが、この頃からお昼休みのシフトが変わり一人昼食になったので、昼休みが読書タイムとなりました。だいたい1週間で1冊読破、往復のバスの中では読まないので本も会社に置きっぱなしで身軽だし。何より、本を読み出しておもしろいとついつい夜更しをしてしまう性質なので、睡眠不足にもならずによいのですよ。

舟を編む

舟を編む

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2011/09/17
  • メディア: 単行本
これも直木賞受賞したくらいに予約してたので、やっとこさ、な感じです。主人公の馬締は松田龍平、あまちゃんのミズタクイメージで読んでました(笑)
いやぁ、辞書を作るって大変なんですね、それが丁寧に描かれていておもしろ(興味深いの方ね)かったです。
★★★★☆

女の庭

女の庭

  • 作者: 花房 観音
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2012/11/22
  • メディア: 単行本
京都の女子大のゼミで一緒だった34歳の女性5人が教授のお葬式で再会したことをベースにした、連作オムニバス。多分、この京都の女子大ってかうぞうが卒業した女坂の上にある学校の気がするんですよね。
5人そろいもそろって性的なトラウマっつうか嗜好つうか色々あるもんだわ、と思うのですが、作者が団鬼六賞大賞受賞されてるそうですし、京都独特のしがらみとか情念みたいなのが描かれてると思います。
WOWOWとかでドラマになりそう(笑)
★★★☆☆

マタニティ・グレイ

マタニティ・グレイ

  • 作者: 石田 衣良
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2013/03/01
  • メディア: 単行本
時代の世相や空気なんかをいつも巧く描いている石田衣良、今回のテーマは妊娠と出産。それをとりまく仕事を続けるかどうかとか、そういうもんなんですけど、主人公がロハスな女性誌の編集者とフリーのカメラマンの夫、女性は結構収入もいい、やり甲斐を感じている、もうちょっと普通な人が主人公の方が共感を得られそうだけど、それじゃあ絵にならないのか・・。
マタニティーブルーじゃなく、マタニティーグレイって、子供が欲しいと思ってて出来たわけじゃない主人公の心境とか色々問題が出たり悩んだりがうまく表現されてる言葉かも。
★★☆☆☆(2.4くらいかなぁ、かうぞうの立場だとふーん、へぇーな部分も多くて)

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2013年5月に読んだ本 [本]

台風18号一過、とはいえ、どうも出かける気分にならずに記事更新してます。

空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2012/07/27
  • メディア: 単行本
早くから予約はしていたのですが、やっと順番が回ってきたのは連続ドラマ開始後しばらくしてから。普段、日本の小説は読まない相方も航空自衛隊が舞台ってことでドラマを見ていたので(ミリタリーマニアですw)読んでました。
ドラマに比べて、ラブ要素つうか愛情表現はかなり控えめ。尺が足りないのか、いくつかのエピソードはドラマオリジナル設定だったり、多少変えてあったり。(航空自衛隊員との結婚を親に反対されてる話とかはオリジナル、キリーが一日ブルーインパルス体験は、嵐的な5人組アイドル「宙」がやってたり)
原作のキャラクター設定とキャストがうまくはまっていて、ドラマキャストイメージでついつい読んでしまったりしてました。
原作、ドラマともに最後の「あの日とその後の松島」のエピソードがきちんと描かれていて締まりましたね。
★★★★★(小説は5、ドラマはラブ要素が多すぎて★4つ)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2013年4月に読んだ本 [本]

台風18号で被害を受けた地域の皆さん、お見舞い申し上げます。
ニュースを見ていて、嵐山の渡月橋など知ってる場所が浸水しててほんとびっくりでした。

神去なあなあ夜話

神去なあなあ夜話

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2012/11/28
  • メディア: 単行本
2014年夏に映画化される『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』の続編。前作を読んだのって2009年12月だったのですね。その後の主人公・勇気を取り巻く村の人々の日常、いや今回は夜話ってことで、ヨキと清一さんの両親が何故いないのか?やお山にまつわる不思議な話、勇気と年上の直紀さん(女性ね)の恋物語などが綴られてます。
今回も読後感はさわやか、親戚の子を見守ってるような気分になります。
映画化のキャスト、勇気=染谷将太、直紀=長澤まさみ、ヨキ=伊藤英明のみ発表ですね。2009年の記事でのかうぞうキャストは市原隼人とオダギリジョーやったんやけど・・、未発表の清一さんは是非蔵之介さんでお願いしたい!
★★★★☆

白ゆき姫殺人事件

白ゆき姫殺人事件

  • 作者: 湊 かなえ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/07/26
  • メディア: 単行本
ある街で美人で評判のOLが殺され、その真犯人は誰なのか?同僚OL、その友人のフリーライター、などの証言や記事を元に話が進んでゆきます。
湊かなえさんの作品、例によって後味悪いっす。(苦笑)
★★☆☆☆(2.3くらい)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。