So-net無料ブログ作成
検索選択
蔵之介さん ブログトップ
前の10件 | -

Team申 番外公演Ⅱ〜今、僕らが出来ること〜 朗読劇『幻色江戸ごよみ』@3/4 PARCO劇場 [蔵之介さん]

Team申は、佐々木蔵之介が立ち上げた演劇ユニットで、2005年に第1回公演「時には父のない子のように」を上演。
以降も不定期ながら公演を重ね、昨年の震災後からは収益金の一部を東日本大震災の義捐金とする「番外公演〜今、僕らが出来ること〜」を実施。(2011年9月にも朗読劇「家守綺譚」を市川亀治郎・佐藤隆太と共に上演されているそうです。)

このところ蔵之介さん出演のドラマがいまいちおもしろくなくてご無沙汰気味だったのですが、Team申 番外公演Ⅱ〜今、僕らが出来ること〜 朗読劇「幻色江戸ごよみ」、久しぶりに舞台の上の蔵之介さんを観たいと思って、首尾よくチケットが取れたので、3/4(日)に行ってまいりました。
(って、もう5月やん!どんだけ亀更新やねん。。)

実は朗読劇というのは初めてのかうぞう、正直どんな感じなのかイメージがつかめないまま客席へ。
今回は日替わりでこれまでTeam申に出演された役者さんがゲストで登場されるということで、他の日は大杉漣さんや、仲村トオルさんだったりもしたようですが、この日のゲストは手塚とおるさん。
2009年に上演された『狭き門より入れ』に出てはりましたね。

手塚とおるさん、ゲストのはずなのに、開演前の「携帯電話の電源を~」のアナウンスをさせられたり、その上、開演直前に一人で舞台に出されて、もう一度「本当に携帯電話の電源切ってますか?マナーモードでもダメですよ」としどろもどろ気味に無茶振りに堪えて頑張ってはりました。

宮部みゆきさんの江戸時代に生きる普通の人々の世ろ込み、悲しみ、怒り、が描かれた短篇集「幻色江戸こよみ」からこの日は「首吊りご本尊」「神無月」「紙吹雪」の3作。

ステージ上に4人が腰掛けて、台本を手にそれぞれの部分を朗読するという形態。
正直、どうなんだろ?眠くなったりしないのか?(って普通に舞台観てても時々眠くなってしまうことあるのですが・・)なんて思ってたのですが、いやぁ、さすがというか、ちゃんと情景が頭の中に浮かぶんですよ!!

蔵之介さんは声もいいし、安定していて、地の文を読んでいるのと、役柄の遣いわけ(=首吊りご本尊でのひょうきんな幽霊が秀逸!)やら見事でした。

手塚とおるさんも安定されてますね。みんな一人で複数の役柄を朗読されるわけですが、さすが役者さん、ちゃんとその人の姿が見えてきますもん。

で、なんと言ってもすごかったのが猿之助襲名を控えている、市川亀治郎さん。歌舞伎で女形をされていることもあって、紙吹雪で主人公の薄幸な娘を演じられていたのですが、これがまた巧いこと、巧いこと。
落語でも出来るんじゃないの?っていうくらいの変幻自在っぷりで、すごかったです。

この面々の中での佐藤隆太さん、どうにもルーキーズの先生イメージつうか、元気な役はいいけどそれ以外がどうにも一本調子だったのが否めないですね。。

ともあれ、朗読劇って今までなんとなく敬遠してたけど、なかなかいいもんだなぁ、と思ったかうぞうでした。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『狭き門より入れ』@9/5PARCO劇場 [蔵之介さん]

一昨年11月の『抜け穴の会議室』 以来、久しぶりに佐々木蔵之介さんの舞台 『狭き門より入れ』を観に行って参りました。

今回も、『抜け穴~』同様、 「イキウメ」の前川知大の脚本・演出。佐々木蔵之介主宰の「team申」の第三回公演になるのですが、一回目は佐藤隆太、二回目は仲村トオルとの二人芝居だったのですが、今回は佐々木蔵之介 市川亀治郎 中尾明慶 有川マコト 手塚とおる 浅野和之と男性ばかり6名、コンビニを舞台に話が進みます。

ストーリーは、仕事をやめて全財産を持って実家のコンビニに戻ってきた男(蔵之介さん)、病に倒れた父に代わりコンビニを切り盛りする弟(有川マコト)、コンビニに入り浸る父の友人=実は蔵之介さんが内部告発して職場を追われた男(浅野和之)、そして父に世話になったという若者(中尾明慶)、そこへやってくる謎の男二人(市川亀治郎、手塚トオル)。

世間では感染した者は眠り続ける「謎のウィルス」による感染病が広がり混乱をきたしています。やってきた二人の謎の男によると、「世界の更新」が三年後に迫っていてその新しい世界へは選ばれた人間しか行けない、その選別の手段が「謎のウィルス」への感染、そして、更新される新しい世界への「門」となる場所がこのコンビニだと。

新しい世界へ行くには選ばれなければならない、残りたいという気持ちが強いから残れるわけではなく、「いや、俺のことはいいからアイツを連れて行ってやってくれ」と言ったところで相手が「いや、アイツを残してやってくれ」と言いでもしたら、逆に自分が行けるかもしれない、という葛藤だったり。
あと、門というからには、それを閉じる人間が必要で、でも門を閉じた人間は旧世界に取り残されるけど、その家族は優先して新しい世界に行ける。
自己犠牲とか、家族愛とか、そういういろんなことを考えさせられる内容になっています。


蔵之介さん、相変わらず、舞台やと立ち姿がほんまに絵になります。セリフに力が入りすぎる部分もありますが、これもこの状況ならでは、というところでしょうか?
あと市川亀治郎さんは歌舞伎の人、見得ではないけど、決めポーズ的なものはしっくり決まりますね。セリフ回しも別に歌舞伎的なこともなく、現代劇とかってやってはるんかしら?
浅野和之さんは、巧いっすねぇ。朝日新聞の劇評でも書かれてましたが、座って、蔵之介さんとかと話してはるんやけど、足の動き=貧乏ゆすりひとつでイライラやそういうのを伝えてはるんですよ、普通にしゃべっているのに。
そして、誰よりも存在感があったのが手塚とおるさん。ドラマとかでも謎のテロリストとかそんな役が多いのですが、死神?のような怪しさ、気味悪さを漂わせていて、そう、「デスノートのL」のように、イスの上につま先だけでしゃがむように座ったりする姿、ものすごく巧く役作りされてるなぁーと思いました。

あと、やはり前川知大!相変わらず発想とか、ストーリー展開、そしていつも思うのが、音と光と暗転の使い方の巧みさ、ほんとタダモノじゃないっすねぇ、この人。
今までは役者さんメイン+前川知大で3本この人の脚本・演出を観たのですが、今度、 「イキウメ」の本公演があるようなので、それを是非観てみたいと思ってます。絶対キますよ、前川知大!



nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

新・食わず嫌い王と、もうひとつの『ボルト』 [蔵之介さん]

佐々木蔵之介さんが出演ということで、かなり久しぶりに「新・食わず嫌い王」を見ました。

黒い柄シャツに黒いジレ、珍しく金?のネックレス
お土産は「丸の内ロール」(どうも映画『群青』のタイアップっぽいっす)。しかし、対戦相手の長澤まさみちゃんは「生クリーム嫌いなんです・・・」あれ?映画で共演してるよね?親子の役だよね??もっとわかりあってるんじゃないの??(苦笑)

蔵之介さんのメニュー?は「鯖寿司」「高野豆腐」「しその天ぷら」「びわ」の4品。
「鯖寿司」は京都でお祭りには欠かせないとか、「高野豆腐」は京都の洛南高校の高野山の研修で食べて美味しかったとか、「びわ」は京都の実家にあったとか。
とにかく、食べ方きれいですよねぇー。蔵之介さん。あと、びわをむく手のきれいなこと!(惚れ惚れ)
いくら男前でも食べ方が汚いと幻滅ですよねー、ひじついて食べる人がとにかくダメなんですわ、私。

で、蔵之介さんの食わず嫌いはというと・・・「びわ」
あの、種の周りのもさもさ~としたとこが嫌いなんだそうですわ。

もし、かうぞうが食わず嫌い王に出るなら、ってメニュー考えてみました。
「レバ刺し」「鯛のあら煮」「鯖寿司」「牛すじの煮込み」以上4品かなぁー。さて、かうぞうの食わず嫌いはどれでしょう?正解はコメント欄で!(笑)


そうそう、「ハンチョウ~神南署安積班」の番宣で4月に出はった「はなまるカフェ」
『はなまるなハンチョウ』ってタイトルで記事書きかけたままお蔵入りになってたんですが(蔵之介だけに?!←くだらん・・・)ついでなのでココからupしようとしてたエピソードをざーっと箇条書きでお送りします。

・おめざは、沖縄のブルーシールアイス:紫いも、さとうきび、バナパコ(バナナ、パイン、ココナッツのmix)

・今年厄年なので、ひたすら神頼みでお守りだらけ。
伊勢神宮、平安神宮、明治神宮(この3つはお払いもしたもらった!)、天河神社、諏訪大社、さるめ神社、大阪天満宮。お友達にもらった大阪天満宮以外は全部自分でお参りされたそうです。

岡江さんからの「一ケ所じゃなくていいの?」あと「役者は”やく”が落ちるから厄払いをしない人が多いけど」と言う鋭いツッコミには「本名でやったから、いいんとちゃいますかねぇ・・・。やらなくて後悔するよりやっといた方がええかなぁーと」

・映画『群青』の撮影で1ヶ月半滞在した沖縄県渡名喜島。人口500人足らずの文字通り何もない島に「エスプレッソマシーン」と「パン焼き器」を持ち込んだそうな。「島で青い海を見ながら焼きたてのパンとカフェオレ飲んだらかっこええやろ」と(笑)ちなみにこのパン焼き器は泊まってた民宿にそのまま寄付してきたそうです。


蔵之介さん、出演映画の公開が相次いでいますねー。
6/20公開の『守護天使』では、主人公、カンニング竹山の幼い頃からの腐れ縁、雀荘暮らしのチンピラをオールバックにサングラス姿で怪演。
6/27公開『群青 愛が沈んだ海の色』では、日に焼けてヒゲまでたくわえて沖縄の離島の海人(ウミンチュ)、長澤まさみの父親役を熱演。

8/1公開ディズニー映画『ボルト』日本語吹き替え版で、なんと主役!つうか、主演犬「ボルト(BOLTです、VOLTではありません)」やったはります。
人気子役のペニーに引き取られ、撮影スタジオで育ったボルトは、"スーパーパワーでペニーを守る"というTVの設定を現実だと信じ込み、毎日必死でペニーを守る日々を過ごしていたのですが、ある日悪役にさらわれたベニーを助けるためにスタジオを飛び出し~という勘違い犬を熱演(るはず)。本編ではジョン・トラボルタが声をやっているらしいし、蔵之介さんも、「初めての声優がディズニー作品で光栄」「犬の役をやったことで演技の幅が広がった。北大路欣也さんと肩を並べられたかな(笑)」とコメントしたはりました。

って、こんだけ書きましたが、普段から映画を見ないかうぞう、多分、映画館には行かない気がします・・・
てお前ほんまにファンなのか?!とツッコミが聞こえそうですが(汗)
ただ、映画館で映画を見るという習慣がないだけで、蔵之介さんへの愛は誰にも負けません!ってこの超長文の記事をご覧頂ければわかるかと(苦笑)

あと、蔵之介さん関連では、7月スタートのTBS系金曜ドラマ『オルトロスの犬』にご出演のようです。
全ての病気や怪我を治す“神の手”を得たのは、心の内を誰にも見せない底知れぬ悪のカリスマ・竜崎臣司(滝沢秀明)。人を殺す“悪魔の手”を得たのは、天使のように優しく繊細な心の持ち主・碧井涼介(錦戸亮)。
蔵之介さんがこの2人にどのように絡むのかはわかりませんが、錦戸クンはジャニーズの中でも結構好きなので夏ドラマ、とりあえずこれは見るのは確定かな。

nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

蔵之介さんがカップめんのCM?! [蔵之介さん]

かうぞうの心のランキング堂々の第一位、佐々木蔵之介さん。
スガシカオ、吉井和哉に引き続き「蔵之介さん」なんてカテゴリーも作ってたりするわけですが、先日、4月からの新ドラマ『ハンチョウ』主演のニュースをupしたのに続き、今度は新CM情報です。
現在、TOYOTA『NOAH』ではよき夫、よきパパの役、 ミツカン『かおりの蔵』では面倒見のいいアニキ分、って感じでCMご出演中ですが、なんと本日3/9から、 明星食品の『究麺(キワメン)』のCMオンエアだそうです。

カップめんのCMってことで、正直、「蔵之介さんとカップめんってなんか違う・・・」と思ってしまうのですが、みなさんどうでしょう?
どうも、かうぞう自身がスープ春雨的なものは食べるけど、カップめんってほとんど食しないので(ちなみにラーメン屋さんと呼ばれるとこへも年に1度行くか行かないかです。でも、中華料理屋さんとかで食べる五目タンメンとかは好き)ちょっと偏見があるのかもしれませんが・・・。

企画の意図としては、
麺の明星”の名にかけて。自信を持って世に送り出すその名も「究麺」。CMでは、長い歳月をかけ研究を重ねてきた「麺」の質感を際立たせ、かつ世界中の麺が今後ラインナップに加わることを想起させる企画です。タレントは商品の品質感・信頼感を重視し、俳優の佐々木蔵之介さんを起用しました。
ということだそうで、
こつこつと努力を重ね、磨きをかけ、芸の道を究めてきた佐々木蔵之介さん。そして長い歳月をかけ研究・試行錯誤を繰り返し、旨さと食感を究めてきた「究麺」。そのイメージが重なり、今回の起用となりました。誠実なイメージも「究麺」にぴったり!

なるほどねぇ~、やや無理のあるコジつけという気もしないでもないですけど、変なダンスとかコスプレもないし(ってauの王子様スタイルはあれはあれでOKでしたが)、蔵之介さんが写るのは短い時間だし、まぁ、「蔵之介さんのカップめんのCM、あると思います!」ってことにしておきますか(笑)

ちなみに気になるCMは コチラ でご覧いただけます。

かうぞうオススメは、30秒バージョンのCMの21秒あたりの蔵之介さんの笑顔。
黒いシャツといい、ちょっと不敵な微笑みといい、『ギラギラ』がちょっと入っててステキです。

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ホストの次は「ハンチョウ(班長)」?! [蔵之介さん]

現在放送中の『トライアングル』、初回の同窓会シーンでアニメソングを歌って颯爽?と上海へ去っていったっきり、中々出番の中った蔵之介さん。しかし、2/17放送の上海分からやっと出てきた!と思ったらなんか期待を裏切らない怪しさっぷりで、やっぱこういう蔵之介さんっていいなぁーと思うかうぞうです。

でも、この『トライアングル』、豪華出演陣なんですけど谷原章介は第6話で新堂を殺して逮捕されフェイドアウトしてしまったのは、やはり『ラブシャッフル』と出演がカブっているから?
あと、やっとこさ蔵之介さんと堺雅人のツーショットが見れた!と思った途端、堺雅人が殺されてしまうって、これも何か別のスケジュールの絡みなんじゃないかと勘繰ってしまう私です、はい。


で、『トライアングル』出演中の佐々木蔵之介さんですが、4月スタートのドラマ『ギラギラ』に次いで2度目の主演が決定!パナソニック ドラマシアター『ハンチョウ~神南署安積班~』伝説のホストの次は、刑事課・強行係の係長、そう刑事なんです。
ドラマでいろんな役柄をやってはる蔵之介さんですけど、刑事役ってもしかして初めて?医者、弁護士、あとはエリートサラリーマンが多いんですけど、刑事ってなかった気が・・・と思い、念のためwikipediaで見てみたら、そうだスペシャルドラマの「ビー・バップ・ハイスクール」でエリート刑事役をされているようです。(あまりにも興味がなくて見なかった気が・・・)あと、水前寺清子さんが主演だった2時間ドラマでも確か刑事だか警察の人の役やってはりました、はい。

あ!、映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』で、刑事ではないけど駐在さんやってはりました!いかんいかん、すっかり忘れてた(苦笑)

このドラマは、東京・原宿に新設された小さな警察署・神南署を舞台に、安積班長(=蔵之介さんね)をはじめとする6人の刑事たちの活躍を描く、という、一話完結形式、上司と部下の信頼関係なんかをテーマに「世の中まだまだ捨てたもんじゃないな……」という爽やか思いを呼び起こさせるようなストーリーだそうです。

TBS系、月曜よる8時。この時間帯といえば、水戸黄門があって、あとは水戸黄門と交互に「ふくまる旅館」「あんどーなつ」なんかの下町人情ドラマ枠ですよねぇ。
蔵之介さんの怪しい顔はあんまり見れそうにありませんが、他局ですが「相棒」「おみやさん」なんかの刑事ドラマでシリーズものになるようになればそれはそれでうれしいかも。

あと、共演者を見るとと、ドランクドラゴンの塚地武雅さんの名前が!
塚っちゃんと言えば 初主演映画『間宮兄弟』ですよねぇ。
またいい絡みを見せてくれることを期待です!

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『ギラギラ』終わっちゃいましたね~。 [蔵之介さん]

蔵之介さん初主演のドラマ 『ギラギラ』も、予定通り?8回目の今回が最終回です。=この時期のテレ朝金曜21:00のドラマはMステのスペシャルとかがあるので最初から8回の予定で打ち切りではない、ということなので蔵之介ファンの皆さんもご安心を。
あぁ、かうぞうの1週間仕事に疲れた心の癒し、蔵之介さんの笑顔も今週が見納めなのねぇ~~~~(泣)

思えば、妄想ドンピシャリの第一話から、毎週スーツ姿、お客様に向ける笑顔、娘に向ける優しいまなざし、必死で走る姿、毎週恒例のラストシーンの目力、と蔵之介さんを堪能した2ヶ月でした。

最終回は、リンクをつぶさず守るという初回からの目的に加え、妻と娘との生活を取り戻すこと、そしてカズマと大成の親子の絆を取り戻させると、ミッションてんこ盛りでしたが、いやぁー、ほんま公平さんの聖人君子ぶりっつうか、きれい事にはイライラさせられましたよ。悪い顔して大成や堂島のところに脱税の証拠のデータを突きつけて欲しかったけど、やっぱりそうしないことが周りの人みんなを幸せにさせたい公平流ってことですかね。

大成と堂島が逮捕され、リンクが無事に続けられることになり公平さんがホストを辞め家族の元に帰ることになり、リンクのみんなの前で挨拶をした時に、公平さんが深々と頭を下げてましたよね。あれってドラマの演出ではなく、蔵之介さん、舞台やったはる時のカーテンコールで出てきはった時とかも、いつもああなんですよ。他の共演者の誰よりも深々と最後までおじぎをしはるんですよ!それもあって心からの感謝というのがなんかすごく伝わりました。

そうそう、このリンクを辞めるシーンの公平さんの顔、なんかものすごく穏やかな顔になってはりましたねー。ホストの時とは違う、やさしい顔してはって、あぁ、もうほんまに辞めはるんや、って感じがしました。

で、愛する妻と子を向かえに行くのですが、その時のダッフルコート姿萌え~~~~。
かうぞう、男の人の服装で好きなのが、スーツ姿、夏に涼しげに着てる長袖シャツ、あとダッフルコートなんですよ!!なんか少年っぽいけど、それを大人の男の人がさらっと着てる、これになんかグッとくるんですよねー、って超マニアックっすか??(苦笑)
ただ、あの往年の岸田森のようなノペーっとした髪型=七三分け?キレイに櫛で揃えすぎやろ!と感動の夫婦再会のシーンなのに髪型が気になって、気になって、せっかくのダッフルコートも台無しっすよ!

その2ヵ月後にやっとこさ初出社って、やはりこのご時世30代後半の再就職って大変なのねぇー・・・。ただ、翔平からの手紙は別になしでもええんちゃうの?って思ったんですけど、そこそこ人気ある子みたいやし、色々あるんでしょうねぇ。つうか、少し前まで売り上げベスト3にも入ってなかったのに、なんでいきなりNo.1って思ったのは私だけ?(笑)

でも、今回の『ギラギラ』を見て、ドラマにおける脇役の重要性を再認識しましたね。
いくら主役が好きでも周りがパッとしないというかしっかりした人がいないと、主役もドラマも空回りって感じがしましたね。なので、これからも蔵之介さんには、「どうにも気になる脇役=キーパーソン」として活躍して頂きたいものです。あ、周りがしっかりしてはったら主役はもちろんバッチコイですけど。

なんと、『ギラギラ』DVDが発売決定だそうです!
最終回の感動冷めやらぬ中、早くもDVDの発売が決定! 
ドラマ本編では見られなかったお宝映像満載の特典ディスクも付いて、ドラマの面白さが倍増することまちがいなし! ご期待ください!!
【商品概要】
セル: 5枚組DVD BOX(本編ディスク4枚/特典ディスク1枚)
15,200円(税抜)
発売日: 2009年3月25日(レンタル同時リリース)
発売元: 朝日放送・テレビ朝日
販売元: 株式会社バップ

*特典映像の詳細など、決まり次第 『ギラギラ』公式HPでUPされるそうです、ぜひチェックしてください!




nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

書いてないけど見てますよー@ギラギラ [蔵之介さん]

今月も残りわずか、もう来週には師走ですよ、師走。
11月は前半張り切ってブログupしてたものの、後半明らかに失速してますねー、別に猛烈に忙しいとかいうわけではなく、ネタもあるのですがなんかダラダラと過ごしております・・・。

で、佐々木蔵之介さん初主演ってことで「蔵之介さん」カテゴリまで作って、毎回感想(ツッコミ?)記事をupしてたのですが、それも第4回を最後に書いてない・・・でも、毎週見てますよ!脱落されてる方もいはると思いますけど、朝ドラ「オードリー」から注目してたかうぞうとしては、原辰徳の「ジャイアンツ愛」にも負けないくらいの「蔵之介愛」で!(笑)
ただ、金曜って予定入ること多いので、また今週も「ギラギラ」「流星の絆」とダブルで録画→土日で見るってパターン。はっきり言って、ストーリー、展開、出演者、演技、どれをとっても「流星の絆」>>>>>「ギラギラ」なんですが、ひとえに「蔵之介愛」っつうことで(苦笑)

なんか、嫁には相当怪しまれてるわ、嫁の兄が「リンク」に離婚届つきつけにやってきたから、ホストにも客にもバレちゃうわ、なんかHPの予告見たら、蔵之介さんをリストラした元上司と同僚が「リンク」にやって来る(←って男がホストクラブに何しに来るねん?)わ、大成に妻子がいるって知られるわ、いつの間にやら秀吉は優奈=芦名星とラブラブやわ、とうとうリンクも身売り?とえらい勢いで盛り込んでくるなぁーと思ったら、「ギラギラ」って12/5でもう最終回なんですね。(職場でもらった「ザ・テレビジョン」情報)
全8回ですよ、短くないっすか??同じ日に始まった「流星の絆」は全10回(最初から第〇回/全10回と記載)だというのに。

気になって「ギラギラ」の視聴率を調べると、初回12.2%とそこそこの滑り出しだったのですが、その後11.2%,11.8%,9.8%,9.0%,7.7%とジリジリ下がってるんですよねぇ・・・。これって、やっぱり打ち切り?いや、最初から8回って決まってたということであって欲しいと切に願う「蔵之介愛」のかうぞうっす。
というわけで、11/28、12/5のあと2回なので、お見逃しなく!


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ギラギラ」じゃなくて・・・ [蔵之介さん]

先週の金曜は「pe'zmoku(ペズモク)」のLIVEに行ってまして、録画だったのと、土日にもちょっと色々バタバタとしておりまして「今週のギラギラ」記事の更新が遅れております。(って誰も待ってないって??)

前回ラストで刺されなんとか命を取り留めた影士(阿部力さん)が大阪で出直すということで、このドラマ、ほぼ1~2回のみのゲストと思って方がいいようですね。
で、その後は影士に「六本木アトラス」に引き抜かれたけどお払い箱にされたデモ鳥じゃなくて出戻り組と、「リンク」に残ってた組とのいがみ合いとなりますが、公平さん、今回は得にキレイごとが多くて、なんかイライラするー。

今回のゲスト?はひたすら飲ませてホストをつぶす迷惑な客沙梨奈(野波真帆さん)、妙にかわいい初来店のエミ(秋山莉奈さん)、その2人に違う意味でいいように振り回される公平をはじめとする「リンク」のホスト陣。
特にエミを取り合う残留組の冬真(夕輝壽太)と出戻り組の裕樹(崎本大海)ですが、裕樹役の彼って、 前クルーのドラマ『四つの嘘』で優等生の家庭の主婦寺島しのぶを誘惑してた家庭教師を演じてましたよね。この崎本大海くん、やっぱりかわいいきれいな顔してるなぁー、実際のホストでいたらぽーとなっちゃうのかなぁ。(かうぞうとしては、高島礼子をストーカー的に愛情を注いでた研修医役の長谷川正己さんのが好みでしたが)

今回は、リンクのホスト内でのいざこざ、飲みすぎて階段を落ちてケガをした沙梨奈のケア、そして裕樹のエミへの強姦事件の対応、そうそう、忘れてはいけない公平の結婚指輪紛失=妻 桃子からの不信感への対応と、もはや「ギラギラ」ではなく「ギリギリ」な感じの公平=蔵之介さんでしたねー。

どうも今回強姦事件は、「銀座の将軍」元ARB大成が、自分の店のNo.1ホスト青龍(ってスゴイ名前やな、オイ)を新人ホスト順として送り込んで仕組んだということが発覚し、リンク店内のホストの結束も固くなり、全員で沙梨奈に謝罪に出向きめでたしめでたしと思ったら、「リンク」に大成が登場。
「お前が嫌いだからだよ、公平。俺を本気にさせたのはお前だ。これからは手加減しない」と宣戦布告に、「俺だって、負けません、あなたにだけは」と、最後は毎回蔵之介さんが目力発揮する、っつうのがパターン?(笑)
なんか予告では愛する妻にホストがばれそうな気配・・・ほんと、もう「ギリギリ」っすよ、公平さん。

かうぞう的、今回の萌え~ポイントは、自分の誕生日を祝ってくれる家族の元に帰るため、「お疲れ様でした」って上着を着ながら帰っていく公平さん!このジャケットをさっと羽織ながら出て行くってとこがgoodです。


そうそう、まだ11月も半ばというのに、早くも1月からのドラマに蔵之介さん出演が判明しましたね!
関西テレビ放送開局50周年記念ドラマ『トライアングル』、江口洋介、稲垣吾郎、広末涼子、相武紗季、堺雅人、谷原章介、佐々木蔵之介、小日向文世、大杉漣、風吹ジュン、北大路欣也と、超豪華な顔ぶれですねー。
この中では、『オードリー』で一緒だった堺雅人さんとの共演が楽しみっすね。映画『アフタースクール』でも共演されてましたが、TVドラマでは『オードリー』以来??谷原章介さんとも長身、育ちのよさそうな感じとキャラが少しかぶるせいか共演ってありましたっけ??
なかなかストーリーも面白そうだし、1月からも楽しみができましたね。



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「おじさんですから(笑)」by佐々木蔵之介@ギラギラ [蔵之介さん]

ども、かうぞう的「今週のギラギラ」も3回目となり、『蔵之介さん』ってカテゴリも作っちゃいました。(あと、それ以外に 『鹿男あをによし』カテゴリでもちょこちょこ触れてます。

今週は、3週目にして、公平(蔵之介さん)のホストスーツが増えましたね、それも2着も!
ブルーグレー?のスーツ(中の濃い目のブルーのシャツはどうだか、だけど)あと細身のブラックスーツ。このブラックスーツに白いシャツを合わせて着ていて、ほんっとに素敵。あぁ、目の保養だわ、癒しだわ。

今回は、「銀座の将軍」(苦笑)石橋稜が仕組んで、公平(蔵之介さん)と、公平の元後輩でライバル店「アトラス」プロデューサーの影二(阿部力)が、接客技量を競うことになります。
そうそう、この時に銀座の高級クラブ「トップレディ」の麗奈ママ(古手川祐子)の前に座っている時の蔵之介さんの姿勢のキレイなこと!今回用事があって録画だったので何回もリピートしましたよ(笑)

さて、2人の対決の結果は・・・


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「約束だ、ウッキー!」by佐々木蔵之介@ギラギラ [蔵之介さん]

やってきました、金曜の夜、今夜も「ギラギラ」っすよ。
って亀更新でもう月曜ですけど・・・、ま、今週の「ギラギラ」っつうことで(笑)

今回の蔵之介さんは、No.1のイーグルさんの彼女、小夜さんの様子を気にするあまり娘との約束を破ってしまい娘に嫌われる始末。しかし娘と仲直りしたいのはわかるけど、朝ごはん食べてる娘をガン見する顔、怖いよ、怖過ぎるよ。

そうそう、イーグルさんの過去も明らかになりましたね、元日本ランカーのボクサーだったけど、目のせい(網膜はく離?)でボクシングを続けられなくなり、それで同じく実力本位のホストの世界でトップを目指す、ということだったそうで、小夜さんはその頃からの恋人だとか。

どうしても、小夜さんが気になって仕方のない蔵之介。でも、イーグルは小夜さんを放ったまま。
昔イケイケドンドンのNo.1だった頃に、自分のお客が蔵之介さんに入れあげた揚げ句、借金を重ね返済のために風俗に堕ち、それでも借金地獄から抜け出せずに自殺をした、という過去の事件が真矢みきさんから、イーグルに伝えられ、そこから蔵之介さんが「お客様第一」の「癒しのホスト」に変わったという種明かしがされましたね。
で、その話を聞いて、改心し、小夜さんを救出するために風俗店に向かうイーグル。蔵之介を助っ人するも、結局は真矢さんが「大人の筋」を通してなんとか小夜さんを助け出し、あっさりとトップの座も自分の店を出すという夢も捨て、小夜さんと結婚、福岡で暮らすって道を選びましたねー、めでたし、めでたし。

つうか、たった2回でNo.1ホストがいなくなっちゃうんっすか??

「本部長」として後を託された蔵之介さんですが、「リンク」の下に昔の弟分、阿部力(F4やってた人だよね?=ちょっと大物ライバル登場!)た仕切るホストクラブ「アトラス」がオープンし、ホストの半分を引き抜かれるという大ピンチ!(その前に阿部力のスカウトを蹴ってます)
いやいや、まだ2回つうのに展開早くないっすか?もう少し「リンク」店内でのイーグルさんvs蔵之介の争い→和解があるのかと思っていたのに。このドラマって全部で何回やるんだろ?もしや打ち切り見越して展開早くしてるとか、なんてことはないよねぇ??

しかし、これホスト蔵之介、衣装があのサバスーツ&黒シャツ1着の気がするんですけど・・・。
いやいや、生活のために隠れてホストをしている蔵之介には、何着も衣装を用意するお金の余裕はないっていう設定ってことですかね??
ベタ過ぎたり、周りがイマイチだったりでリタイヤされてる方もちらほらのようですが、かうぞうはまだまだ「ギラギラ」っすよー(笑)
そうそう、 『ギラギラ』公式HPのトップページ右端のシャンパングラスをクリックすると「今日のギラギラby蔵之介」というブログ?が見れます!これは蔵之介さんの「毎日なんかしらHPが更新された方が楽しいよねー」というアイデアからだそうです。

08-10-27_22-05.jpg

あと、ちょっと暗いのですが、朝日新聞10/26(日)の「be」Televisionに載った蔵之介さんの眼力鋭いショット。
東京に出てきて10年目という節目の年に連続ドラマ初主演ということで、「今ギラギラしていなくて、いつするんだということですかね。主役をやらせてもらっているんですから。」と。
公平のせりふに「ホストは女性を癒す仕事」とあるが、俳優とはどういう仕事?という質問に何度も黙考し、やっとでてきた答えが「何でも屋さん」。何にでもなれなければいけないし、できなけれないけないのが仕事だと。「何にでも、なりますよ」
そう言えば、今回、娘のご機嫌を取り戻すために夜中にDVD見て自主トレして、徹夜明けでおサルの耳付けて踊ってましたねー。いやぁ、これぞ役者魂!?
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - 蔵之介さん ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。