So-net無料ブログ作成
検索選択

「3月のライオン」実写映画化、かうぞう的妄想キャスト [映画]

ハチミツとクローバー」の羽海野チカ作の将棋マンガ「3月のライオン」
新刊が出るのを楽しみに読んでおるのですが、昨年9月に出た11巻の帯に「アニメ化、実写映画化決定!」の文字!!

アニメはまぁいいとして、実写化ってキャストが肝ですよねぇ。
ハチクロも映画とドラマでやってたし、これも実写化する日が来るだろう、とかうぞう的に勝手にキャストを妄想しておりました。
先日、主人公の桐山零役のみ神木隆之介と発表がありましたが、うんうん、第一関門クリアだわ。(って何様やねん)

で、主要キャストが発表される前に勝手に妄想キャストを書いておこうかと、1年ぶりのブログ更新なわけです。

桐山零 →神木隆之介
ひなた→清原果耶 (「あさが来た」でおふゆちゃんやってた子)
あかり→綾瀬はるか
モモ→川上凛子 (「とと姉ちゃん」の一番下の妹の子役)
おじいちゃん→笹野高史、柄本明
美咲おばさん→小泉今日子
美加子→木村多江
誠二郎→田辺誠一

先生→八嶋智人
野口先輩→

島田開→佐々木蔵之介
二階堂晴臣→濱田岳
宗谷冬司→長谷川博己
後藤→椎名桔平
神宮寺会長→吉田鋼太郎
柳原→小日向文世
藤本雷堂→大竹まこと、生瀬勝久
スミス→松田翔太※
一砂→桐谷健太
岳人先輩→斎藤工
隈倉→山内圭哉
辻井→稲垣吾郎、及川光博
土橋→
滑川→又吉直樹
幸田父→中井貴一
幸田香子→二階堂ふみ

空欄はいい人が思い浮かばなかったっす。

あかりお姉ちゃん、漫画だと23歳くらいだから、綾瀬はるかだと年齢的にはアウトなのですが、あのほんわりした雰囲気と豊かなお胸を表現出来る人を彼女以外思いつかなかったので。
ひなちゃんは、今の勢いからしたら広瀬すず、あたりになりそうな気もしないでもないのですが、彼女は中学生という設定が大事なので現役中学生だし、アミューズオーディショングランプリって神木くんと事務所も一緒だし(笑)
美咲おばさんは出てくるだろうけど、果たして三姉妹の父=妻子捨男こと誠二郎のエピソードまで盛り込まないから、ここはいらんかも。

島田開八段、これは佐々木蔵之介しかありえません!
二階堂晴臣、病気のせいで太っていて熱いキャラなんですよねぇ・・他の映画だとモデルの棋士さんを松山ケンイチがやってましたけど、まぁ、濱田岳くんが適役かな、と。
宗谷名人、孤高の名人、島田と同い年だけど姿形が若い頃から変わらない、というので美形俳優さんたくさんいるとは思うのですが、長谷川博己さんの将棋を指すきれいな指を見たいので。はい、ほんとかうぞう的妄想キャストですから!

神宮寺会長、少し前なら梅宮辰夫でテッパンだと思うのですが、ゲームのCMとか見ててオチャメなキャラも案外はまるんじゃないかな、と。
藤本雷堂はヒケ、メガネ、声デカイ、よくしゃべる、怒ってる、てイメージからこの二人のどちらかで。
一砂くんは熱くて素直な感じで桐谷健太を思いついたので、スミスはもひとつこれって人が思いうかばなかったので、auのCMつながりでまぁ、いいや(笑)

岳人先輩は甘い雰囲気で斉藤工。
辻井さんはダジャレ好きの残念なハンサム、ってことでこの二人のどっちか。
滑川は葬儀屋の息子だけど顔が縁起悪すぎて継がせてもらえなかった、ということで今や大作家先生ですが、昔は死神と呼ばれた又吉で。

幸田親子、父はやさしげな雰囲気っつうことでこの人にしてみた。
娘の香子は気性の激しい感じを出せる二階堂ふみちゃん。

こんなところでどうでしょう?
2017年に前後編で公開ということですが、実際のキャスト発表が待ち遠しいような・・・


3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『十三人の刺客』完成披露試写会@8/17 東京国際フォーラム [映画]

100817_230902.JPG


ライブや舞台には年10本以上行くかうぞうですが、映画っていつでも見れるやーと思ってしまって
なかなか見に行かないのですが、三池崇史監督の最新作『十三人の刺客』
おもしろそうー、と試写会申し込んだことも忘れてたら、当選ハガキが届きまして
8月17日、東京国際フォーラムであった完成披露試写会というのに行ってきました。

役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、
近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、稲垣吾郎、市村正親、三池崇史監督
ダークスーツで決めた総勢15人による「男まつり」状態!!(笑)

試写会から10日ほどたってしまい、ニュースなどでも結構出ていたのですが
13人の侍が命を狙う“暴君”明石藩主・松平斉韶役の稲垣吾郎がほんとイヤなヤツ!http://eiga.com/buzz/20100817/16/
http://eiga.com/buzz/20100817/18/

ジャニーズなのに、SMAPなのにこんな役受けちゃっていいの?!と思うくらいヒドイんです。
でも、今後役者としてやってく上としては、いいSTEPになるんじゃないでしょうか。

で、こんなやつ別に守らなくてもいいやろうー、と思うのですが、そこは江戸時代、
どんなお殿様でも何よりも大事ということで、一生懸命守るのが市村正親さん。
このステージ上で、唯一、吾郎ちゃんの味方側なのに、試写を見てラスト50分の闘いのシーン
「十三人、ガンバレ!ガンバレ!」と思いながら見ていたそうですよ(笑)

時代劇、殺陣は初めてということでしたけど、存在感たっぷりでかっこようございました。
やっぱ、顔がねぇ、目力あるある!それは役所さんとかもそうですけど。

他では、「メガネをかけていないので、どこに出ているかわからないかも」と語ってた六角精児や
古田新太は「唯一、お金目当てで参加したヤツです」とか、伊勢谷友介は「侍映画で侍の役と
思って受けたら、僕だけ侍じゃあありませんでした(苦笑)」とかおもしろエピソード満載。
とはいえ、伊勢谷友介はシリアスなシーンの多い映画の中で、和むシーンが多く、一服の清涼剤と
なっているのは間違いございません。

あと、死に場所を探していた剣豪浪人役の伊原剛志が殺陣の姿も決まっててかっこよかったけど
人を斬ったことをがない若侍を演じてた窪田正孝さん、NHKの「ゲゲゲの女房」でのアシスタント役
や、ドラマジョーカー」での犯人役とかで最近気になる役者さんなのですが、葛藤のようなものが
現れていて印象に残りました。

9/25(土)~公開ということで、「お友達十三人に勧めて下さい(by役所さん)」でしたが
ほぼ男しか出てこない男らしい映画で、残酷なシーンも無きにしも非ずですが、勧善懲悪ってことで
普段映画とほとんど見ないかうぞうもストレートに楽しめましたので、是非是非!


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『かいじゅうたちのいるところ』~Where The Wild Things Are [映画]

去年だけで、ライブ、舞台ともに10本以上観ているかうぞうですが、映画を映画館で見るのって一体何年ぶりなんでしょう?
一応そんなかうぞうのブログにも 「映画」ってカテゴリをうっかり作ってあるんですけど、記事4本。試写会1本、テレビ観賞2本、映画関連1本って(苦笑)

そんなかうぞうが友達から「映画でも行かない?」と誘われて久しぶりに映画観に行ってきました。
別のお友達が予告編を紹介しているのを見て気になっていた 『かいじゅうたちのいるところ』

原作って絵本なんですね。
そんなこともよくしらずに行ってきました(苦笑)

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ





続きを読む【ネタバレあり】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「鴨川ホルモー」の凡ちゃんが決定! [映画]

かうぞうもはまりまくってた 『鹿男あをによし』の作者万城目学のデビュー『鴨川ホルモー』 山田孝之主演で映画化 されるというのは4月に発表されていたのですが、共演者の顔ぶれを見ていて、「あれ?凡ちゃんは??」芦名星が主人公安倍がその鼻筋の美しさに惚れる早良さんで、濱田岳、石田卓也、荒川良々って男ばっかやし、と思っていたら発表されましたね、凡ちゃんが!
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080522/08.htm

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー




な、なんと「キル・ビル」で世界に名を馳せたクールビューティー「栗山千明」!
だってホルモーの鍵を握るとはいえ、無口で無愛想、タレントの大木凡人そっくりの髪型とメガネから周囲に「凡ちゃん」と呼ばれている京大1年生の楠木ふみちゃんですよ!原作でもコンタクトにするとかわいい、理系の学生さんなので頭脳明晰という設定なので、そこそこかわいい子がやるとは思ってたのですが、早良さんの芦名星もクールビューティー系だから、キャラかぶってるんじゃあ・・・。

「キミ犯人じゃないよね?」を見てるせいで、貫地谷しほりちゃんとかいいかもなんて思ってたのですが。

さっき来週の予告編見たら、なんと「ささやき刑事」がマッチョな水着姿を披露してましたね!!キャー、楽しみ♪


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『さくらん』 見やんした。 [映画]

土屋アンナ主演、蜷川実花監督、椎名林檎音楽映画『さくらん』やっとこさ全編見ました。
というのも、ケーブルで何度かやってるのですが、いつ見てもラスト20分くらいしか見れなくて・・・(って見たいならちゃんと番組表をチェックしましょう、ってことなんですけど。)

さくらん 特別版

さくらん 特別版



土屋アンナの演技がどうこういう意見はあると思いますが、とにかく何がいいって、椎名林檎の音楽・曲!衣装やセット、極彩色の映像も椎名林檎の曲によって生き生きとしてる感じ。
スゴイな、椎名林檎嬢、一度ライブに行ってみたい。

続きを読む 【ネタばれ含みます】


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

最後に記憶に残るのは?~私の頭の中の消しゴム [映画]

相方忘年会のため、一人でぼんやり見てしまいました。

劇的?な恋に落ちて結婚した二人、なのに、妻が若年性アルツハイマーにかかり壊れていって
しまう・・・。元は日本のドラマですよね、永作博美と緒形直人だっけ?そんなに話題にはならな
かった気がするのですが、韓国映画としてリメイクされて大ヒットしましたね。
純愛=泣ける映画ブームや、「明日の記憶」(渡辺謙が若年性アルツハイマーになるやつね)が
あったりで、ドラマはちょっと時期が早かったのか?

いろんなことを忘れてしまうのって、どういう感覚なんでしょう?でも覚えている(思い出せる時)と
そうじゃない時が交互にやってくると、覚えていない時のことがものすごく怖い気がします。
少しずつわからなくなるなら、いっそ全部忘れてしまいたいような・・・。うーん、消えてなくなって
しまいたいって気持ちはなんかわかるなぁ。

この映画で、もう記憶をなくした妻に会いに行く夫が、妻が好きな香り=アフターシェーブローション
をつけるシーンがあるんですよね。
顔も声も忘れた=よく思い出せないのに、人ごみでふっと同じコロンの香りに振り返るって感じ。
その人のニオイってかなり近づく間柄でないとわかんなかったりするわけで、エロティックな感じ
もするけど、ある意味、一番動物的な本能ってヤツですかね。

あと、吹き替えが夫=谷原章介、妻=小西真奈美だったんですけど、どうもその谷原、小西の
イメージが脳裏に散らついて、夫が妻に「カミングダウト!」とか、アルツハイマーの妻が「ぐび生
飲も?」とか言い出しそうで・・・。(現に途中でCM入るし!)
声優さんでなく、俳優を起用するのもいかがなものかなぁー、なんて思ったかうぞうでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『ウィンター・ソング』試写会 [映画]

かうぞうはLIVEには年10本も行くくせに映画は2~3年に1本くらい(笑)。
見たいと思ってもすぐケーブルとかでやるしなぁーと思ってしまうんですよね。
職場の後輩に「金城武好きな人います?」って誘われて行ってきましたウィンター・ソング
「これほと入れ込んだラブ・ストーリーはなかった」by金城武 だそうです。

※注意※ここからネタバレ含みます。

ウィンター・ソング

ウィンター・ソング


男の方が女の何100倍もロマンチスト。男の方が女よりも何1000倍も女々しい。

自分の夢を追った彼女に捨てられて10年。人気俳優とトップ女優になり共演という形での再会。
積もる想いを打ち明け、わざわざ買い取って残していた思い出の場所に彼女を連れて行きやっと
振り向かせたと思ったら・・・これがやりたかったのか金城武(苦笑)
ある意味、ストーカー?金城武やから許されるけど、これが例えば湯●国際弁護士とかがやった
としたら・・・いや、本当にやりそうでコワいんですが(笑)

相手役のジョウ・シュン( 永作博美+樋口可南子+千秋)÷3って感じの小柄で華奢な人ですが
背中がほんとに美しい!!肩甲骨がきれ~いに出ててほんとに天使の羽が生えてきそう。
冒頭記者会見の背中の大きく開いた白いドレス姿は必見!それだけでも値打ちありです!
そう言えば彼女がシャワーを借りてそれを金城武がのぞいてるシーンも背中だったなぁ(笑)

あと、このジョウ・シュンが 寝てる時に歯ぎしりをするんだけど 金城武も現在の恋人である監督も
「かわいいな~」って感じでうっとり見てる。愛してると何もかもが愛しい、ということなんだろうけど
まさか 歯ぎしりフェチではないよね?(笑)
この映画 金城武のラブストーリーって部分がフィーチャーされてるけど 、監督役の人いい味出して
ます。 歌巧いなぁ~と思ってたらジャッキー・チュンっていう香港を代表する国際派歌手だそうな。
この歌も聴いて下さい!うっとりします。

「今、あなたに贈る、10年分の涙」
うーん、かうぞうはかなり涙もろいちゃんなのですが、涙0粒でした・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。